闇金 解決

闇金解決SOS@ヤミ金融の悪質な取り立てすぐにストップ!

今までの暴力的な闇金のイメージと違うソフト闇金というコトバがはやっていますが、闇金は闇金です。

 

暴力的な取り立てやいやがらせをしない訳でなく、毎月返済が遅れずに支払ってくれる上客であればこそ優しい物言いでいるだけで、いざ返済が遅れるなどすればとたんに態度を急変させて脅しに掛かってきます。

 

こういった闇金業者は借りる段階でも非常に物腰が柔らかかったり、危険な雰囲気が無い事から安心して借りてしまったり、追加融資なども快く引き受けてくれたりするので、金利が高くてもついつい気を許して長く借り続けてしまう人もいます。

 

闇金と言っても、以前のようにちょっとした事で大きな声を出したり嫌がらせをすると直ぐに警察に行かれたり、弁護士や司法書士への相談があるので段々とかしこくなり、最近では支払の遅れも少しは待ってくれる闇金まで登場していると言います。

 

ですが、どんな風な態度であったとしても闇金業者ですから、債務者からどれくらい利息をむしり取れるか?という事しか考えていない無法者の集まりですので、返済が遅れたり連絡が取れなくなったとたんに全力で追い込みをかけてきます。

 

複数の携帯電話で一斉に、自宅や携帯電話・FAXはもちろん、職場や親兄弟、親戚、ご近所さんまで、個人情報として解る限りの連絡先に取り立てが始まります。

 

自分の電話も辛いですが、周りの人に連絡をされて闇金からの借金が明るみになることや、会社の金を横領しているなどの根も葉もない中傷をされてしまうと、あなたの周りからの信頼は一気に地に落ちてしまい、数週間続けられると立ち直れないほどのダメージになってしまいます。

 

闇金はそういった借り手が困ることを徹底的に考えて悪質に追い込んできますし、どんなタイプの人にどの程度嫌がらせを続ければ心が折れるかという点も熟知しています。

 

それだけでなく、警察に被害届を出しに行っても本格的な捜査を始めない程度の犯罪というギリギリのラインもわかりきった上で行っているのです。

 

普通の人であれば闇金に追い込みやいやがらせを受ければ生活が出来なくなりますし、職場によっては退職に、ご近所さんによっては引っ越しせざるを得ない状況に追い込まれるでしょう。

 

中には、近所のコンビニにひどく悪質なクレームの電話を入れて謝りにこさせるといういやがらせや、夜中に連日消防車や救急車、タクシーを呼びつけられるなどの被害に遭った人もいます。

 

闇金の借金問題解決に必要なのは警察ではない

 

闇金からすさまじい取り立てにあったり、ため息が出るような取り立てを止める解決方法は警察に行くことでは無く、闇金専門の弁護士に相談することです。

 

違法な闇金業者からの取り立てにあったら、元金の返済も一切いりませんので直ぐ弁護士か司法書士の開いている無料相談に連絡することです。

 

警察に行ってもびびらない闇金も、法律に精通している弁護士が相手となると直ぐに取り立てを止めて態度を急変させます。

 

ヤミ金の法律に反する悪質な取り立てをすぐにストップさせるにはどのようにすればいいのかというと弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談して対応してもらうことです。

 

そして現在ヤミ金業者に強いヤミ金専門の弁護士事務所や司法書士事務所が結構たくさんあるので、ヤミ金被害を受けている人は相談しやすい環境が整っています。
ヤミ金対応の弁護士や司法書士にヤミ金相談をするのであれば、できるだけ評判のいいところに相談をするとより満足できる解決をすることができます。

 

弁護士法人RESTA法律事務所が最もオススメです

 

ヤミ金専門の事務所の中でも最も評判のいい法務事務所としてあげられるのが弁護士法人RESTA法律事務所です。
この事務所は東京の新宿区にあり、駅チカなので交通の便がとてもよく利用しやすいです。

 

そこでなぜRESTAが数あるヤミ金融対策をしてくれる法律事務所の中で最もオススメなのかというと理由はいくつかあります。
まず所属している弁護士がキャリアのあるベテランの先生ばかりなので、状況に応じて最善の解決方法を提案してくれるからです。
この事務所の先生は他では扱うのにためらう案件でも対応してもらうことができ、なおかつ依頼者と一緒に闇金と戦ってくれるのでとても心強いです。

 

それからメール相談は365日24時間可能となっているので、困ったらすぐに相談することができます。
また電話でも平日の19時まで相談することができるので、普段は仕事をしている社会人でも利用しやすいです。

 

さらに相談料は基本的に無料となっていて、手続きにかかる費用も闇金業者1社5万円というリーズナブルな価格で対応してもらうことが可能です。

 

このように依頼者にとってメリットがたくさんあるので、ヤミ金相談をするのであればRESTAがオススメです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はウィズユー司法書士事務所

 

闇金被害には弁護士だけでなく司法書士も対応してもらうことができますが、司法書士事務所の中でヤミ金に強い事務所として有名なのがウィズユー司法書士事務所です。

 

この事務所は業務歴10年の経験豊富な司法書士の先生が最初から最後まで手続きを引き受けてくれ、なおかつその後のアフターフォローもしっかりしているので、ヤミ金解決にはオススメです。

闇金でお金を借りようとしてしまうのは携帯電話の料金を支払うことができない程にお金に困っている人たちです。

 

確かに携帯電話の料金を払うことができなくなってしまうと支払いを請求されたり、最終的には電話を利用することができなくなってしまうなど不都合が生じてしまいますが、だからと言ってヤミ金融業者を利用して借金をしてまで料金を支払わなければならないものなのでしょうか?

 

携帯電話の料金を延滞するとどうなるか?

 

それでは携帯電話を利用するために必要となる料金を延滞してしまうとどのようになるのかというと以下のとおりです。

 

1 まず料金の支払期日から2週間程度過ぎても支払がない場合において、一定の日まで
  に支払わないと利用することができなくなりますよという通知がハガキで来ます。
  その期限までに支払をしないと利用停止となってしまい、以後は電話、メール、イン
  ターネットなどを利用することができなくなってしまいます。
  しかしその後料金を支払えば、前と同じように利用することができるようになります。

 

2 利用停止になってからしばらくはその状態が続くのですが、その後さらに2ヶ月ほど
  経過すると今度は強制的に携帯電話の契約を解約されてしまうことになります。
  これによってブラックの扱いをされてしまうことになり、お金の借入と同じように一
  定の期間の間、携帯電話の契約をすることができなくなってしまいます。

 

3 携帯電話の契約が解約となってもこれまで発生した利用料金が無くなるわけではない
  ので、以前として支払の義務は残ります。
  そして料金の支払がなされない場合は法的手段を駆使して債権回収をはかることにな
  ります。
  携帯電話の利用料金は通常は高くても数万円から数十万円なので訴訟をするのではな
  く支払督促を利用して債権回収をします。

 

このように携帯電話の料金の支払を延滞した場合でも完全に利用できなくなるのは強制解約をされた時で通常は3ヶ月ほど先になります。
そのため料金を支払うことができなくなったからといってすぐにヤミ金からお金を借りる必要は全くありません。
もしどうしても支払をすることができなくなってしまったら、弁護士などの法律の専門家に債務整理の手続きをしてもらって解決をはかりましょう。

続きを読む≫ 2015/07/30 17:49:30

ヤミ金を利用して借金をしてしまうといろいろな被害を受けてしまうことになるのですが、融資を受けたお金をすべて支払えば解決するのではないかと考えることもできます。

 

しかしヤミ金融は人に対してお金を貸すことが目的ではなく、人からできるだけ多くのお金をむしり取ることが目的です。

 

借金をすべて完済したとしてもヤミ金と手を切ることはできません。

 

完済しても借入の勧誘をして断ったら嫌がらせをしてきます

 

ヤミ金にとっては一度利用した人はカモなので、例え完済したとしてもまた利用するように仕向けてきて、さらにお金を取ろうとしてきます。

 

具体的には継続的に電話をかけてきて、甘い言葉で借金をするように誘ってくることが多いです。

 

借金の勧誘を受けた場合でも断れば問題ないのではないかと思われますが、もしそのようにするといろいろな嫌がらせを受けて自分の平穏な生活が害されてしまうことになります。

 

そしてヤミ金は基本的に電話で連絡をしてくることになるので、電話番号を変えることによって対応しようとしても、最初利用してしまった際に自分の住所や家族構成などいろいろな個人情報を提供してしまっているので、完全に逃れることはできません。

 

そのためヤミ金を利用して借入をしてしまったら完済はないということをしっかりと認識しておくべきでしょう。

 

完済していないと言いがかりを付け利息の支払いを強要します

 

完済した後でもまだだと言いがかりを付けて、永遠に利息を支払うように強要したり、断ると嫌がらせが続きます。

 

完全にただの恐喝ですが、嫌がらせが酷く断る事がデキないでいるとズルズルと関係が続き終わることがありません。

 

まともな契約書などもない違法契約ですので、完済したことを証明することも出来ませんが、そもそも支払う必要が無い契約ですので、出来るだけ早く関係を断ち切ることが重要です。

 

弁護士などの専門家に相談しないと解決することはできません

 

闇金融で借金をしてしまうと上記のような状態に陥ってしまうので、自分一人で解決することは困難になってしまいます。

 

そこでヤミ金と完全に手を切るためにはどのようにすればいいのかというと弁護士などの専門家に相談する必要があり、このようにしないと解決することはできないでしょう。

 

そしてなぜ弁護士などの専門家に相談すると解決することができるのかというと手続きを受任してからすぐにヤミ金に対して法律的な主張を元に交渉してくれるからです。

 

またヤミ金融業者も違法な営業をしているので、弁護士や警察が間に入ることを嫌うので、対象者に弁護士がついていることを知ったら、すぐに他の人をターゲットにするので、嫌がらせや取立てをしてこなくなります。

続きを読む≫ 2015/07/30 17:43:30

高金利ローン

 

高金利ローンとはヤミ金の代表的な手口で、法律で定められた金利をはるかに超過する条件でローンの貸付を行うことを言います。
すでに借金をしていたりしている人が一般の金融機関を利用してお金を借りることができない場合において、やむを得ず利用してしまうことが多いです。

 

そして基本的に貸付は複数の悪質なグループが組織化して行っていて、その上層部にはヤクザが絡んでいます。
これらのグループはいろいろなネットワークの存在があるので、巧妙に悪質な行為をやってのけることが多いです。

 

そこでどのようにして高金利ローンの貸付を行うのかというとまず契約をする際には金利などの具体的な内容をあやふやにして、書類も渡すことはありません。
また申込の際にその人の個人情報などを聞き出して弱みを握り、反論をさせないような状態に持っていきます。
さらに取立てをする場合は乱暴な言葉で脅迫して相手に恐怖感を与えて強引に支払わさせようとします。

 

融通手形

 

手形とはいろいろな取引の中で代金決済をする際に利用するもので、手形を振り出す場合は本来その原因となる商取引の存在がありますが、この存在が無い場合において振り出される手形のことを融通手形と言います。
融通手形を振り出すケースとしてある事業者がお金を必要であり融資を受けたい場合において、他の信用ある事業者と融通契約を結び、手形を振り出してもらい、それを金融機関で手形割引をしてもらい、融資を受けるというものです。

 

そしてヤミ金の貸付の手口にもこの方法が利用される場合があり、この場合は融資を受けた事業者だけでなく、融通契約を結び、手形を振り出した事業者も被害を受けて倒産の危機に陥ってしまうことになります。

 

年金担保金融

 

年金担保金融とは年金をもらって生活をしている高齢者を対象にして、融資をする際に年金手帳やその人の実印などを担保として預かり、その後違法な金利で融資をします。

 

そして返済は定期的に受け取る年金から自動的に引き落とされることになるので、ヤミ金側にとっては融資金を回収しやすいというメリットがあります。

 

一方借入をしてしまった人は年金をほとんど受け取ることができなくなってしまい、生活に困窮したり、最終的には自己破産に追い込まれてしまうケースもあります。

続きを読む≫ 2015/07/30 17:39:30

信用詐欺

 

信用詐欺とは利用者がヤミ金から融資を受けようとする場合、現在の状態では信用をすることができないので、融資をするためには最初に数万円から数十万円のお金の振込を要求し、振込後融資をするとともに振込をしてもらったお金も返金するというものです。
また金利もヤミ金とは違い、法律の定めの範囲内の低金利で融資をしますということなので、安心をしてしまって利用してしまう人も少なくありません。

 

しかし実際には最初に数万円から数十万円振り込んだ後、融資をしてもらうことは当然できず、また連絡先に電話をしても現在担当者は外出中という返答ばかりされてしまい、なかなか連絡を取ることができず、ある程度時間が経過するとその電話番号すら変えられてしまい、連絡を取れなくなってしまいます。
結果的に当初振込をしたお金をそのまま騙し取られてしまうということになります。

 

システム金融

 

システム金融とは主に小規模で事業をしている中小企業の経営者をターゲットに行う違法な貸付の手口で、電話やFAXなどを利用して勧誘を行い、振り出させた手形や小切手を担保にとって融資を行うものです。
担保に取った手形や小切手は利用者から局留めで郵送させたり、電話やFAXだけで営業をしているので、なかなか実態が掴みにくいというのが特徴です。

 

そして一度システム金融を利用してお金を借りてしまうと手形や小切手を担保に取られているので、返済できないと不渡りが生じてしまうため、例え高金利でも返済をしなければならない状態になり、最終的には支払いができなくなって倒産という形を迎えてしまうことになります。

 

090金融

 

090金融とは携帯電話だけを利用して不特定多数の個人に対して違法な条件で貸付を行っている業者のことを言います。
本来金融業を営むためには許可を受ける必要があるのですが、その際に固定電話を利用しなければなりません。
そのため携帯電話だけで利用している金融業者は違法なヤミ金ということになります。
人に対しての貸付は喫茶店などの飲食店で申込や融資の手続きを行うことが多いです。

 

そして利用している携帯電話は他の人から不正に入手したものであったりするので、なかなか特定するのが難しいという特徴があります。

続きを読む≫ 2015/07/30 17:38:30

押し貸し

 

押し貸しとはヤミ金のグループ内で出回っているリストに記載されている人の口座や融資の振込に必要ということで勧誘した際に聞き出した口座に勝手にお金を振込、後に「融資をしたのだから利息をつけて返済しろ」と要求する手口のことを言います。

 

基本的にお金の貸し借りは金銭消費貸借契約を締結して、その上でお金を渡さなければ融資の効力は発生しないのですが、ヤミ金はいろいろな口実をつけて強引に取立てをしてきます。
また少しでも多くの利息を取るために返済の振込先の口座をなかなか教えなかったり、支払いのために振込をしてもその記録はないなどと言って、さらに返済を要求してくるケースもあります。
また本人だけでなく、その人に関係のある人に対しても嫌がらせをしたり、取立てをしたりするので大きな被害を受けてしまうことも少なくありません。

 

カラ貸し

 

カラ貸しとは以前借入のために利用した人を対象にするヤミ金の手口で、借入履歴のある人に対して、以前貸付をした分の債務がまだ残っているという連絡をしてきて、さらに延滞料もかなりの額になるので、返済して欲しいなどと主張してきます。
また架空の借金をでっち上げてその債権の譲渡を受けたなどいかにも専門的な言葉を多用してきて、返済を要求し、もし応じなければ法的手段を取って対処するなどと脅してくるケースもあります。

 

そしてヤミ金側も少しでも早く回収したいと考えているので、本来は50万円ほどあるのですが、10万円でいいですよなどと言ってきて、請求された側も支払ってしまうことが多いです。

 

転売屋

 

転売屋とは利用者が借入の申込をしてきた際に今のままでは信用に欠けるので、自分名義の携帯電話や銀行口座を作った後、指定した住所まで送れば融資することができると誘う業者です。

 

この業者を利用してしまうと高金利の利息を支払えと請求されるのはもちろんですが、そに加えて、自分名義の携帯電話や銀行口座をヤミ金融の違法な営業に使用されてしまい、場合によっては自分も犯罪者になってしまうこともあります。

続きを読む≫ 2015/07/30 17:36:30

闇金は違法な営業をしているのに一定の数の業者が存在していますが、なぜそのような状況になっているのかというとヤミ金業者は連絡先である電話番号を頻繁に変えたりしていているからです。また債務者からの振込のために使用する銀行預金口座も他人名義なので、なかなか闇金融を抑えることができません。

 

そこでヤミ金融はなぜ連絡先を頻繁に変えることができるのでしょうか?

 

闇金は債務者から携帯電話を買い取っているためです

 

なぜ闇金融業者は頻繁に電話の番号を変更することができるのかというとそれは借入をしていて返済をすることができなくなってしまった債務者に携帯電話の契約をさせて、借金を肩代わりとして買い取っているからです。
そのため複数の他人名義の携帯電話をヤミ金は所有しているので、警察にバレそうになったら、他の携帯電話に変えることによって営業を続けています。
また携帯電話だけでなく、借金の返済ができなくなった債務者に銀行預金口座を作らせていて、それを振込の口座に使用しています。

 

そして債務者が闇金業者に携帯電話や銀行預金口座を他人に使用させる目的で譲渡すると詐欺罪などの犯罪になるので自分も大きな被害を受けてしまうことになるので、このような行為は絶対してはいけません。

 

新タイプのヤミ金の業者が登場してきています

 

昔からヤミ金被害は数多くあったので、世の中もこれを見逃すわけにはいかないと考え、ヤミ金対策として貸金業法などの金融の法律の規制を厳しくしました。これによって以前よりもヤミ金としての活動をすることが難しい状況になっています。

 

しかしそれによって以前とは少し違った新タイプの業者が登場してきています。昔は強引や乱暴というイメージがピッタリの押し貸しやカラ貸しが多かったのですが、ここ最近においてはそれらの営業は減り、一見普通の金融業者が利用するお客さんに接するような優しい言葉使いをするソフト闇金が多くなってきました。ソフト闇金は利用者にお金を貸し付けるまではとても優しく接してくれるので、ヤミ金であることに気づかないことが多いですが、返済できなくなると本来の闇金のような悪質な対応をしてくるので、気をつけておく必要があります。

続きを読む≫ 2015/07/09 16:23:09

違法な貸付や取立てなどをして多くの人に被害を与えている闇金業者にもいろいろな種類があります。
また闇金の見分け方を知っておくと被害を予防することができるので、どのように見分ければいいのかをしっかり把握しておきましょう。

 

ヤミ金の種類

 

ヤミ金業者にはどのような種類のものがあるのかというとまず携帯電話が連絡先となっている「090金融」があります。
それから一見普通の営業をしている一般の金融業者を装っているのですが、その実態はヤミ金融であるという場合が結構増えています。
また最近においては貸金業法などの法律の規制が厳しくなってきているので、違法な条件で貸付をすることが難しい状況にあります。そのため闇金融も法律に網をくぐり抜けようとしてチケットを後払いで購入させたり、申込者の所有している家具など一式を買取り、その後リースの形で使用させてお金を請求するという闇金業者も存在してきています。
さらに借金で困っている債務者を助けるような感じで近づいてきて、さらに被害をもたらす、整理屋、紹介屋などや架空の借金を請求してくる業者もいます。
このように現在ヤミ金はいろいろなタイプの業者がいるので、しっかり把握しておくことが大切であると言えます。

 

闇金かどうかどのようにして見分ければいいか?

 

ヤミ金被害に合わないようにするためにはヤミ金をどのようにして見分けることができるのかということを把握しておくことが大切です。

 

そしてヤミ金の出している広告を見てみるといくつかの見分る方法があります。まず広告に貸金業の登録番号が記載されていない場合は確実にヤミ金です。なぜなら金融の業を営むためには登録をしなければならないからです。
また登録をする際には事務所を設けるのと利用する電話は固定電話であることが条件となっています。また広告には貸金業者の登録された固定電話の番号以外は広告に載せてはいけないという規定があるので、連絡先が携帯電話で固定電話ではない場合もヤミ金であるということがわかります。
さらに広告には無審査で融資可能、無職、ブラックOKなどという利用者に都合のいい言葉が並んでいますがこれも要注意です。
一般の金融機関は無審査で融資をしたりすることはなく、無職やブラックの人は審査に通過することができないので、ヤミ金であると判断することができます。

続きを読む≫ 2015/07/09 16:21:09

もしヤミ金からお金を借りていろいろな被害を受けてしまった場合はどのように切り抜ければいいのかを知っておくといいでしょう。

 

そして闇金はいろいろな方法を使って取り立てや嫌がらせをしてくれるので、それに対応するための方法を理解することでヤミ金被害から開放されることができます。

 

ヤミ金の取り立てや嫌がらせの手口について

 

貸金業の登録をしていないヤミ金業者は違法な営業をしているので、悪質な取立てや嫌がらせをしてきます。

 

そこでヤミ金融業者はどのような方法で取り立てをするのかというと利用者に対して乱暴な言葉を発して脅迫するような形で行ったり、また自分の勤務先の会社など自宅以外の場所までやってきて取り立てをしたり、夜の9時から朝の8時までの取り立てをしてはいけない時間帯に自宅までやってきて「お金を払え」と請求してきます。
また支払の義務がない自分の家族や知人に対しても取り立てすることもあります。

 

さらにここ最近において貸金業などの法律の規制が厳しくなってきたせいもあってか巧妙な方法で詐欺的な感じで利用者に借金を返済させようとするケースも増加してきています。

 

このような悪質で違法な営業をしている闇金融業者に対応するには自分一人では難しく、他の人や機関の力がどうしても必要になってきます。

 

どのようにヤミ金対策をすればいいか?

 

闇金融を利用して借金をしてしまった場合においてどのような対策をすればいいのかというとまず考えられるのが警察に相談するという方法です。
なぜなら犯罪に巻き込まれそうになった場合にまず警察に相談することになるからです。
しかし警察は刑事事件にならないとなかなか動いてくれないので、素早い対応をすることができないという欠点があります。

 

そこでヤミ金融被害を受けてしまった場合の対策として、弁護士などの法律の専門家へ連絡するほうが効果的です。
なぜならヤミ金対応の弁護士は相談をした後、手続きを受任したその日に闇金業者を相手にいろいろな交渉をしてくれるので悪質な取り立てや嫌がらせをすぐにストップさせてくれたりして、早期の解決をすることができるからです。

続きを読む≫ 2015/07/09 16:19:09

新虎ノ門法律事務所

 

新虎ノ門法律事務所は東京の中央区銀座に事務所を構える法律事務所で個人の闇金だけでなく、法人形態の闇金融業者にも対応しています。
現在ヤミ金融業者はいろいろな形態の業者が出てきているので、これらすべてに対応することができない事務所も少なくないのですが、この事務所はいろいろなタイプのヤミ金融と交渉してもらうことができるので、安心して自分が受けているヤミ金被害を解決することができます。

 

また費用も個人のヤミ金は1社3万円から5万円、法人のヤミ金業者は1社8万円からとなっていて、支払も分割の方法ですることが可能なので、あまりお金のことを考えないで利用することができます。

 

さらにできるだけ早く闇金業者の悪質な取り立てをストップするために受任したらすぐに粘り強い交渉を開始するので、短期間でも解決可能です。
また交渉する弁護士も経験豊富な先生なので、依頼者により有利な状況で話をまとめてくれるのも大きな魅力です。

 

サルート法律事務所

 

サルート法律事務所は東京の新宿区にあるヤミ金対応の弁護士事務所で、所属している弁護士の先生は40年弱にキャリアを誇るベテランなので、いろいろな解決のノウハウを持っています。
ヤミ金の業者に対してもそのノウハウを駆使してスピーティーかつ柔軟な姿勢で交渉してくれるので最短1日での解決も可能となっています。

 

またサルート法律事務所の闇金融に対する手続きはただ違法な取り立てや悪質な嫌がらせをストップさせるだけでなく、これまで返済してきたお金を取り戻すことも行っています。

 

それから事務所への相談は無料となっているので、お金に困っている人でもすぐにヤミ金相談をすることが可能で、また事務所がある東京の新宿区の近辺に住んでいる人だけでなく、日本全国からの依頼を受け付けています。
さらに土日祝日、365日24時間いつでも相談することができる体制が整っているので利用しやすいです。

続きを読む≫ 2015/07/09 16:18:09